バイクの使用者には、法律(道路運送車両法)により、バイクを点検・整備し、適正な状態に維持すること、および定期点検の実施が義務付けられています。乗車前の日常点検は常識ですが、1年ごとに決められた項目を点検しなければならないのです。定期点検の必要なバイクは、排気量に関係無く全てのバイクやスクーター該当します。

上の写真に有る点検記録簿の項目を全て点検するのですが、中にはフロントフォークからブレーキキャリパーを外す分解が必要な点検も有り、この分解整備に限ってはバイクの使用者本人か運輸局認証工場のみ行うことができます。バイク好きの知り合いに無料or有料でやってもらうのは違法です。しかも善意で整備してくれた方には50万円以下の罰金が科せられてしまうのでご注意を!

 

スパイクモーターサイクルワークスは、運輸局認証工場で国家資格を持った整備士が点検しています。12カ月点検、24カ月点検の他に、長距離走行前や春の走り出し前にお勧めのライトな点検¥1080点検もございますのでよろしくお願いいたします。